トナーカートリッジの廃棄や回収方法を知っておきましょう

ロゴ

トナーカートリッジとは

複合機

トナーカートリッジの種類

トナーカートリッジには純正トナーと非純正トナーと種類が分かれます。メーカーが指定する純正のトナーとメーカーが詰め替えしたり互換性を用いた非純正のトナーがあります。

READ MORE
メンズ

トナーの交換時期

トナーカートリッジには交換時期があります。トナーはプリンターの使用頻度によって各色異なった減り方をします。また、交換する際には、使用時期に気を付けて交換しましょう。トナーは劣化していくため、劣化したトナーを使用し続けていると故障などのトラブルに繋がります。

READ MORE

トナーの廃棄方法

インク

メーカーの引き取り

純正のトナーは京セラなどのメーカーに引き取りを依頼することができます。回収拠点に持っていく場合やメーカーへ送付する場合などメーカーによって方法が異なりますので、メーカーに問い合わせてみましょう。

トナー販売業者に引き取り

トナーの販売業者で回収を行なっている場合があります。販売業者のホームページに回収可能か、また回収方法など記載されています。不明な場合は問い合わせてみましょう。

回収ポストで引き取り

トナーカートリッジは、インクリボンなどと同じように回収ポストに捨てることができます。回収ポストは全国の家電量販店などに設置されているので確認しておきましょう。

ベルマーク運動で回収

ベルマーク財団の運動として、トナーカートリッジを回収することを行なっています。ベルマークに依頼するとベルマーク専用の回収箱を送ってもらえます。専用箱が満杯になったら回収センターに回収依頼を行なってください。もちろんトナーカートリッジの回収でもベルマーク点数が発行されます。

産業廃棄物として廃棄

お近くの産業廃棄物処理業者にトナーカートリッジの回収を依頼することができます。しかし、トナーカートリッジを処理する際には危険な場合があり回収拒否される場合があります。その際は、純正のトナーを使用しメーカーに回収を依頼しましょう。

トナーショップの選び方

安ければいい?

トナーを購入する際は費用が意外とかかりなるべく安いものをと思ってしまいますよね。しかし安ければいいということはありません。品質の保証がきちんとされているショップで購入することでトラブルを防ぎ、余計な費用などのリスクを減らすことができます。

信頼できるショップ選び

京セラなどのメーカーが提供する純正トナーとリサイクルや互換性を持たせたトナーなどが販売されています。安い非純正のトナーをおすすめするショップより、新品のトナーを安くで提供できるようなショップを選ぶことが大事です。

自社の倉庫持っている

ショップが自社で倉庫を持っていると、中間マージンがかからずに安くで提供できる理由がはっきりします。ネットでの直売にも対応しているので、購入から届くまでの時間も早く対応してくれることでしょう。

配送梱包を大事にしている

トナーカートリッジは強い衝撃によって壊れる場合があります。ほとんどのショップでは保証は行なっていますが、それよりもまた届くのを待つ方が大変ですよね。それに加えてそんな時にインク切れを起こしてしまえば、会社の業務自体が止まってしまう事態になるかもしれません。ホームページを閲覧する際には、梱包に関して書いてあれば安心して購入できるでしょう。

サポート体制を見る

返品や返金に応じてくれるかなどのサポート面を選ぶ参考にするとよいでしょう。また、プリンターのトナー交換は大変なものです。電話連絡で型番を伝えてそれを丁寧に探してくれるかなど、そういった電話対応でのサポート面もショップを選ぶ参考にしてみて下さい。長くトナーの依頼を行なうためにも、ショップの対応を見ておきましょう。

【PR】
京セラのトナーが大人気
日本全国対応中!代引手数料がなんと無料♪

ビジネスフォンのリースを申し込む
業者の徹底比較が可能!

コピー機の修理は業者にお任せ!
施工価格が良心的☆

コピー機の修理を業者に依頼
事前に役立つ情報をcheck

3Dcadにまつわる情報サイト
知って得することばかり